FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | ▲トップ
キングコング西野さんのブログをめぐって2ちゃんねるで批判が殺到している。
事の発端は西野さんのブログ「西野公論」
28日の記事「表に立つ」にて以下の内容を書いたことによる。

"「自分が言った事の責任は全て受け止めますよ」
逆に、投げっぱなしの意見をする奴を僕は認めない。
反論の責任を取らない奴。その受け口を設けていない奴。
インターネットの世界で言えばいわゆる『2ちゃんねる』というサイトの中でも、
人を否定する事で自分の存在を確かめている奴がその最たる例。
とてもカッコ悪いし、わかりやすく言えばアホだと思う。そうなってはいけない。"

2ちゃんねるでは有名なのだが、西野さんは2ちゃんねるで元々嫌われておりよくネタにされる有名人ナンバー1といっても過言ではない。理由は上記のブログにて自分の業績や才能について語ることが多くそれに反発する意見が2ちゃんねるで書き込まれるためだ。ブログということで記事がコンスタントに挙げられるのでネタの提供もコンスタントにされる。それも人気?の理由の一つだ。

さて、今回の記事の何に批判が集中しているかというと、「反論の責任を取らない奴。その受け口を設けてない奴」を認めないと述べているのにブログのコメント欄がないことだ。

このことに対し

「コメント欄早く作れ」
「いってることとやってることが違う」

などの書き込みが2ちゃんで続いている。

2ちゃんねるで色々言われているので西野さんも思うところがあって2ちゃんを批判する意見を書いたのだろう。芸能人だから批判されるのはしょうがない部分もあると思うのでそこは置いといて、コメント欄を閉じていることに対してはなんら間違っていないと考える。

個人のブログコメント欄はアクセス数が増えると必ずアンチファンが批判コメントを書いたり荒らされたりするので大手有名人ブログなどはコメント欄を閉じるか常時削除人を用意している。

筆者のブログはやっていることがやっていることなので、しょうがないとして何も悪いことをしていないアイドルなんかが直接自分のブログに批判コメントを書かれるとどう思うだろうか。

一部の心無い人達により「死ね」「キモイ」だの「コビうってる」、「ヤリマン」だのある事ない事書かれることになる。馬鹿な奴がこういった事を書いているとは分かっていてももの凄く傷つく。筆者もコメントで凹まされた思い出がある。

このブログコメント欄、西野さんの言う反論の受け口にブログに対してはなるのだろうが、ブログの管理者にはなんの反論の受け口はないのだ。顔の見えない誰ともわからない奴が無茶苦茶に蹂躙していく様は2ちゃんねると変わらない。2ちゃんねると違ってそこは批判対象者の敷地なのだから嫌でもブログ管理者は心無い意見を目にするわけで、ブログにまでわざわざ行って馬鹿な事を書く奴は2ちゃんねるで書いているよりさらに酷いことをしているのだ。

そういった意見を締め出す為にコメントを削除したりコメント欄自体を取り除いたりすると「逃げるな」「人のコメント勝手に消すな」などと言われだす。自分の家に書かれた落書きを消して何が悪いというのだ。

私生活を批判されてレベルの低い話だが、書いた奴の私生活を批判したくても相手の私生活なんかわからない。そもそも多対一なのだから批判しかえしようもない。また、炎上した記事のコメントに対して次の意見で言い返したとしても火に油を注ぐだけで、何度か炎上がさらに燃え上がったブログを目にした事がある。元々相容れない存在なのだから何を言っても無駄なのだ。

コメント欄を閉じていても西野さんは有名人なのだから現に2ちゃんねるで批判されているし、事務所に抗議や西野さんの番組を見ないなどいくらでも反論の受け口はあると思う。コメント欄を設けてそこが荒れ、放置するのはブログを純粋に見ているファンに対して逆に失礼なことだ。コメント欄が開放されているブログでファンとアンチが醜く言い争っていることもよくある。それを書き込まずに見ている多くのファンは当事者同様心を痛めることだろう。

有名ブログがコメント欄に何らかの対策をするのは当然のことで、それが分からずに批判している輩は顔を出してまともに意見したことのないネット弁慶なのだろう。


追記:コメント欄で西野さんのことについて盛り上がってますが、あくまで言いたいことは人気ブログ一般のコメント欄についてですよwある意味人気者の西野さんのことを例に使ったのは失敗かなw

ネット評論 | コメント:22 | ▲トップ
マイアヌスの調子がよくありません。

本で紹介されるような肛門科の名医がいる病院に通ってるんですが保険適用外の薬の治療で、一時はよくなったもののまた悪くなってきたため、本日次の治療にうつることになりました。

「じゃあ注射しよっか」

簡単にそう言う医者。手術というわけでなく、注射が治療の一環らしい。

いつも通り従順にケツを出す私。そこは慣れた。いいように調教されたもんだ。しかしすぐに終わると思ったら間違いでした。

肛門表面に注射針が刺さりそれだけでかなりの痛みが走る。それが円を描くように10回ほど続く。たぶん30秒ほどなのにものすごく長く感じる。

自分でもわかるくらいの汗をかいた。注射を打つ手がようやく止まる。

「終わりですか?」
許しをこうように尋ねる。
「うん半分終わったよ。もうすぐ終わりだから」
本当に頭が真っ白になった。

休憩を挟み。さらに注射は続く。同じところにまた打たれるのかと考えたけど大間違いだった。
なにやら器具のようなものでお尻が開かれ固定される感覚。あらゆるジャンルのエロスに精通する私はどんな器具かすぐ分かった。

こいつはやばい。冷や汗が出る。

予感通り肛門の内側に突き刺さる針。もはや内臓。さきほどと同じように何度も繰り返し打たれる。

あまりの痛みに
「ひぎぃ!」
とか言う声を漏らしてしまい、溜まらず上着の袖を噛んだ。

筋肉注射や歯茎への注射とかも経験あるけど、今までの注射でナンバー1の痛みでした。

追伸:
なんか知らんがこの医者、肛門にカメラ入れて写真撮ったあとプリクラのように患者にプレゼントしてくる。自分のケツの穴の写真もらってどうすればいいのかと。

記念においてます。

雑記 | コメント:24 | ▲トップ

小説 | コメント:18 | ▲トップ
最近オネエキャラと呼ばれる、男性が好きな女性っぽい男性芸能人を何人もテレビで見かける。オネエキャラばかりを揃えたオネエMANSなんて番組も始まったぐらいだ。一昔前ではこういったセクシャルマイノリティの方達は随分差別されたようだが、今や法的にも性別を換えられたり偏見もなくなったとはいわないが少なくなってきているようだ。

セクシャルマイノリティっていうのは狭い意味では性別に関する少数者、即ち同性愛者を挿すのだが、広い意味では性的嗜好の少数者を指すらしい。

今プレイしている推理系ゲームに近親相姦の話がでてくるのだが、よくあるパターンが

「実は私達、兄妹なのよ!!」
→「なんだってー!?」
→「結ばれることがないならいっそ死のう」

で、このゲームもまさに王道のそれだった。

確かに倫理的に近親相姦は問題あるのだろうが、どうしても好きなら一緒になれよと思う。兄妹なら法律的に結婚できないだけでセックスしようが子供産もうが別に罰せられるわけではないのだから、自分たちのことを誰も知らない土地に二人で幸せに暮らせばいい。まあ親とは絶縁かもしれないし、子供を作るなら遺伝の問題も含めそこは色々考えてもらって。

と、近親相姦には筆者は寛大である。むしろ近親相姦ネタが好きだったりする。自分の母や姉には全く欲情しないが禁断の愛的なものに興奮するのかもしれない。

ただ世間ではどうだろう。例えば芸能人が同性愛者と告白しても芸能活動を続けられる場合が多いだろうけど、(アイドルは除く)近親相姦しているといったら芸能界から確実に消えるだろう。二人の同意で誰にも迷惑をかけてなくても冷たい目で見られることだろう。

同性愛をセクシャルマイノリティと言うが、同性愛者は人口の1.5%、多性愛者(所謂バイ)は6%もいるらしい。そう、マイノリティのわりに結構いるのだ。しかし近親相姦体験者はなかなか見かけない。はたから見てわからないというもあるが。

あまり見かけないから気持ち悪い。人間は自分では理解できないものや経験のないものを本能的に拒むのは仕様がないことかもしれない。同性愛が許されて、他のものが許されないならやっぱりマイノリティはマイノリティなんだなと思う

幼女趣味のペドフィリア、死体愛好家のネクロフィリア。対象のことを考えると迫害されて当たり前と言えば当たり前なのだが、同性愛と同じでどうしようもない脳や心の病気なのだ。同性愛を病気と言うのが不適切なら、ペドフィリアやネクロフィリアも病気じゃなく生まれ持ったもので、可愛そうといえば可愛そうな人達なのだろう。

:あとがき
全く関係ないが中1の時、人生で唯一母親に見つかったエロ本が「姉」というタイトルのマンガだ。しかも引越たてで幼馴染の親が部屋を見たいといって二人で入って来た時にみつかった。言い訳したが、姉のいる私のことをたぶん軽蔑の眼差しで見ていたに違いない。

コラム | コメント:5 | ▲トップ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。