FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | ▲トップ
テレビでは放送禁止用語というものがある。明らかにテレビではまずいなと思われるものからなんでこれが放送禁止用語なの?と思わせるものまで様々。

例えば「めくら」これは目が不自由な方に対する差別用語なのだが、語源を考えると「目が見えない」=「目が暗い」=「めくら」に単純になったのだろうから言葉が生まれた当初に差別的な意味合いは含まれていなかっただろう。

ただ、言う側に悪意があって「めくら」といえば差別用語になる。不快に感じる人がいればそれは差別用語なのだ。

言葉自体に差別的意味はないのに言ってはいけない言葉がある中で、言葉自体差別的意味があるのに日常的に使われている言葉があることに最近気付いた。

それは「チキン南蛮」である。

チキン南蛮や鴨南蛮の「南蛮」はネギで南蛮漬けの場合の「南蛮」は唐辛子のことをさしているが、この「南蛮」本来の意味は中国から見た東南アジア地域を蔑んだ言葉である。

これはテレビなんかで使うには大問題だ。ましてや商品名にして大々的に売り出しているほっかほっか亭なんかは人権団体から凄いクレームがくるかもしれない。勿論冗談だけど、何故「南蛮」が言葉狩りとも言われる色々うるさい世の中で許されているのだろうか。

日本にとっての南蛮とは東南アジアや琉球、九州の一部の蔑称として使われていたが、その後江戸時代頃から東南アジアを植民地にしていたポルトガルやスペインのことを南蛮と呼ぶようにる。舶来品のことを「南蛮渡来」というあれである。

現在では西洋諸国に対し憧れこそあれ悪いイメージはあまりないだろう。当然ネギや唐辛子に対しても差別する人は少ない。問題は言葉ではなくその対象なのだ。

「知的障害者」という言葉を作っても「ちしょう」などと縮めて蔑む輩がたくさんいる。言葉だけでなくその差別用語の対象になっている方や物を理解し差別をなくすことが重要なのである。

コラム | コメント:5 | ▲トップ
ヤフーのTOPページ出てくるニュースを仕事中やオフにもマメにチェックするのが僕の日課なのですが、先日「上田桃子、ブログ炎上で謝罪」ってのがTOPに掲載されてた。

内容はプロゴルファーである上田桃子さんが「情熱大陸」というテレビ番組のインタビューにて

「同級生とかで、バレーとかバスケとかをしてる子がもう、不思議でしょうがなかったと言うか、先がないスポーツを何でできるんだろうと思って」とコメントし、インタビュアーの「先がないスポーツ?」 の問いに対して、「プロっていうものがないじゃないですか? どうしてそこまで頑張れるのかなっと思って」と答えた。

この発言に対し視聴者からブログに批判コメントが殺到し、所謂『ブログ炎上』状態に。

上田さんの言いたい事は分かるが視聴者や他のスポーツをやっている方が怒るのも無理もない。この後、彼女はブログにて謝罪したのだけど最近やたらと「失言→ブログ炎上や苦情殺到」などの流れがよく見られる。

今回の事は僕も「しょうがないかも」と思ってしまうような失言だが、「いや、それは悪くないだろ」とかいう例もある。

昨年紀子様が男児を出産した翌日、乙武洋匡さんが自身のブログにてマスコミの伝える「めでたい」が出産に対してなのか男児=お世継ぎが産まれたこと対してなのか疑問を投げかける記事を掲載した。ただ、この記事が出産自体もめでたくないと捉えることもできる内容だった為批判コメントが殺到することになる。僕には曲解にしか思えなかったが曲解どころではない例もある。

今年8月にあった吉野紗香さんのブログ炎上事件はかなりひどい。吉野さんがブログで映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を絶賛した記事に「アニメーションですが、あえて映画と言わせてください」という一文がありこれに対して、アニメを見下しているというコメントが書き込まれ、「主人公の草薙素子を私がやりたいです!!」に対しては「お前には無理」などというコメントが殺到、炎上することになった。その後吉野さんは謝罪することになる。

こういう揚げ足取りや個人的な感情で脊髄反射的に批判されるとなると、有名人は発言のたびにビクビクしなければならない。批判するのもいいけどその人が何を思って何が言いたいのか、その本質を見るのも重要ではないだろうか。

追記:上田桃子さんの失言について後日スポニチより

【障害を抱えた姉がいて家計を支えるためにも、上田にとってプロのゴルファーは現実的な“職業”だった。発言は純粋にスポーツに打ち込める人への尊敬の念も込めたものだったが、放送では前後の文脈がカットされていた】

メディアの編集も恐ろしい

ネット評論 | コメント:2 | ▲トップ
ここ最近

mixiで自分の犯罪を暴露→2ちゃんねるで取り上げられる→当事者の住所や職場、学校を2ちゃんねらーが突き止める→学校などに報告→退学

などの所謂「祭り」をよく見かける。

mixiやブログが浸透し、これらは日記を書くものだし大多数の人は日常のことを書いて、読むのは友達くらいだから友達に話す感覚で日記を書いている。

そこで友達に話す感覚で「自転車盗んじゃった」などと書いてしまうようだ。

誰もが聖人君子じゃないし、若気のいたりで軽犯罪をしてしまったことがある人も多いだろう。さすがにこの歳になって万引き自慢とかされたらヒクけど、高校生とかなら「すげーな!」と答えてたかもしれない。

しかしいくら人のこないページとは言え、誰もが見れるウェブ上の日記、一度誰かが2ちゃんねるに取り上げ火がつけば取り返しのつかないことになる。まぁ犯罪したのが悪いのだが。

他にもイジメっこを見つけて退学に追い込んだりして一見イイ事をしているような2ちゃんねらー。

只、場合によっては2ちゃんねらーの「やり過ぎ」というのもよく見るかける。犯罪でもないし別これくらいにいいだろ、ということに対しても目くじら立てて個人情報を暴いたりとかもよくあることだ。

別に2ちゃんねる批判はする気はないので、じゃあ何故彼らはこういう行動に出るのであろうか?

それは一重に「祭り」が楽しいからである。裁かれていない犯罪者やイジメっ子を裁く正義と勘違いしている参加者も中にはいるようだけど、その追い詰める感覚が楽しいのだ。

現に当事者は悪くないのに、ヌード画像流出から個人情報が特定され「祭り」になったこともある。

序々に追い詰められるターゲット。次々に明らかになる個人情報、そして学校退学へ。リアルタイムで進行していく「祭り」は「狩り」に近いのかもしれない。

2ちゃん評論 | コメント:7 | ▲トップ
2ちゃんではどんなイイものでも批判される。別にこれは2ちゃんねらーが何も評価しないわけではない。

評価されてるものでもやはりアンチや「別によくねーじゃん」とか思う人も少なからずいるわけで、その少数派が書き込むわけだ。

筆者が世界最高の美女と思う加藤ローサのスレを今見てみると、批判のコメントの方が多かったりする。別に加藤ローサが嫌われてるわけではない。

好感度調査なんかでいつも上位にいる木村拓哉、明石家さんま、仲間由紀恵などの芸能人ですら批判の方が多いのだ。

2ちゃん住民からすれば好感度調査なんて裏で操作されててあてにならんとか言われそうだが、上記の芸能人は世間一般的に評判は悪くないはずだ。

じゃあ何故批判がこうまで出てくるのかというと、2ちゃんでは顔も見えず本音が言えるというのが一つ。「加藤ローサかわいいよなー」と言われて「そうか?」と、友達なら言えるかもしれないが、初対面やテレビなんかでは常識的に言わないだろう。しかし、自分も名無し相手も名無しなら嫌われることもない。

さらに世間一般で評価されているからこそ、「なんでそこまで評価されてんだよ!?」という自分の評価以上に評価されていることに対するギャップから批判したくなるということがある。

逆にテレビで長い間活躍しているにも関わらず、「気持ち悪い」「下品」などといわれている江頭2:50は2ちゃんでは評価され神扱いされている。

また、評価するより批判の方がしやすいというのもあるだろう。一個人が気に入ってる芸能人なんて数える程度だろう。他は全て批判の対象になりうる。

芸能人に例をあげて述べてみたが、映画、マンガ、ゲーム、様々な商品、国、なんにたいしても批判に溢れている。

こういう批判は普通には聞けない貴重な意見でもあったりするので2ちゃんでマーケティング調査とかも結構されているようだ。ただし芸能人が2ちゃんを見て凹む話がよくあるようで、自分に関わることは見たいけど見ない方がいいかもしれない。

2ちゃん評論 | コメント:0 | ▲トップ
『乳首』・・・・・・ってよォ~~~~『乳首』の『首』ってなんだ~~~~~~~~~っ!?『手首』ってのは わかる・・・・・・・・・スゲーよくわかる手と腕の間は首みたいに細くなってるからな・・・だが『乳首』の『首』の部分はどういう事だああ~~~~~~~~~っ!?乳首の先に何か付くのかっつーのよーーーーーーッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~~~~ッ!!乳首の先に何か付いてたら気持ち悪いじゃあねーか!チクショーーッどういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!『乳首』ってどういう事だッ!ナメやがってクソッ!クソッ!


そんなギアッチョ風に思う今日この頃。

なんで『首』なんだろ?『乳頭』ならわかるんだけどな。先端のことを『頭』と表現するのはあるからなー。

乳首が勃起したら乳首の先に何かできたりするのかもしれん。

図解

tikubifainal.gif

雑記 | コメント:3 | ▲トップ
2ちゃんねるを語るコメンテーターとか全然2ちゃん知らないだろ、と思うので2ちゃん評論をしてみたいと思う。ただ2ちゃんその他に詳しいわけじゃないので戯言と思ってください。

あと筆者は2ちゃんを叩く気も擁護する気もなく客観的に語りたいとは思ってますが結構2ちゃんに毒されているのでどうなるか分かりません。


2ちゃんねらーは韓国が尋常でない程大嫌いである。勿論中国も嫌い。といっても2ちゃんねるには恋愛をテーマにしたものからシャワートイレの話題まで「板」と呼ばれる800近いカテゴリに分けられており、その板に書き込む「住人」によって性格の傾向はまちまちである。

ただ比較的住人が多く、アジアの話題も多いニュース系の板では大多数が嫌韓の傾向にある。

嫌韓流やら、日韓W杯、WBCなどで世間一般でもここ最近急激に嫌韓傾向は高まっているらしいがそんなどころではない。

先日、消防訓練中に子供の目の前で保護者2人がはしご車から転落し死亡するという事故が韓国であった。世間一般であれば痛ましい事故という話題で、勿論2ちゃんでも被害者への御悔みや事故を目撃した児童がPTSDにならないか心配などの書き込みを多くあったが「朝鮮人が何人死のうがしったこっちゃない」「韓国ざまぁwww」などの書き込みもかなり見られた。

では何故ここまで2ちゃんねらーは嫌韓なのであろうか。

それはテレビ新聞などのメディアとネットの違いにある。一般メディアではそこまで取り上げられない韓国関連のニュースも2ちゃんではしばしば取り上げられるからだ。

(週刊誌を除く大手メディアで韓国関連のニュースが何故とりあげられないかは色々言われてますがここでは割愛します)

大きなニュースから小さなニュースまで様々取りざたされ、そのほとんどが日本を馬鹿にしたニュースばかりである。
事実無根ではなく新聞、週刊誌、はては韓国メディアからのニュースを集めてきてるのだけど、こんなのを毎日見てるとそりゃあ嫌韓にもなる。

そもそも韓国自体が国家をあげての反日で読売新聞の意識調査では8割以上韓国人が日本を嫌いのようだ。自分の事を嫌いな奴を好きなわけがない。それがバレてくれば日本人が韓国を嫌ってくるのも当然といえば当然なのかもしれない。

とはいえ韓国人が日本大好きだとしても今と変わらず

「独島は昔から韓国の領土なんで、大好きな日本にもこればっかりは譲れませんし、国際裁判はちょっと都合が悪いんで・・・」
とか
「日本の商品やアニメをマネしちゃうのは日本が好きだから☆」

って今のような事を続けていたら日本人が韓国嫌いなのは変わらないだろうけど。

2ちゃん評論 | コメント:1 | ▲トップ
どんな綺麗ごとを言おうとも人間、損得勘定で生きている。

こういう事を言う人がいるけどあながち間違ってはいないと思う。

○友達の頼みごとを聞いてやる→借りを作って自分もいつか頼みごとを聞いてもらう
○気になるあの娘にプレゼント→いつか自分の女に
○寄付をする→いい人と思われる

こう書くとなんか嫌な人間に見えてしまうが、僕が思うのは一次的な見返りを期待する上記のような損得勘定だけではない。

例えば人知れず寄付をする人もたくさんいるし、他人の為に命を投げ出す人もいる。でもそんな事も含めて最終的には自分に得があると天秤にかけて行っているのであろう。

○友達の頼みごとを聞いてやる→いつも世話になってるし、友達が喜んでくれると嬉しい→嬉しい時点で得
友達関係がその後も円満に行く→得

○森林保護団体寄付→いいことしたな→得
木が増え地球に優しい→自分の子孫も安心→得

○ここは任せろお前達は先に行け!といって死ぬ→命よりも大事な者を守れる→得
てかオレってかっこいいぜ→得

友達の頼みごとが100万欲しいだったとする、僕は正直そんなお金がない。理由がギャンブルに使い込んで借金取りに負われてるとかならアホかと一蹴するだろう。そんな奴に100万くれてやるのは損だ。

しかし理由が病気で100万ないとそいつが死ぬとかで、他にあてはなく大事な親友ならば100万借金してでも見繕うだろう。大事な親友の命の為なら100万くらいなんとかなる。

でも僕だけで1億なんとかしないといけないなら無理だ。親友には悪いが死んでもらうしかない。
でも自分の命や他人の命よりも、他人に迷惑をかけてでも親友の命が大事というなら銀行強盗してでもなんとかする人もいるかもしれない。その人にとっては

自分が犯罪者になるリスク、自分の命、人を傷つけてでもお金を奪うこと<親友の命

になるわけだから、それで親友の命が助かるならその人は得したことになるだろう。

とにかく何が言いたいかと言うと単純な損得勘定だけで生きるなってこと。巡り巡って自分に返ってくるのだから。

コラム | コメント:4 | ▲トップ

小説 | コメント:1 | ▲トップ

小説 | コメント:1 | ▲トップ

小説 | コメント:0 | ▲トップ

小説 | コメント:0 | ▲トップ

小説 | コメント:0 | ▲トップ
恥ずかしながら始めての小説を書いてみました。
いつか書きたい長編を書くための練習みたいなもんです。

VIPでたてたスレ「ある童貞の初体験を聞いてくれ」の完全版でもあります。
短編で、カオスなラストを目指し書き上げましたので内容はありません。

他の章へはこちらから
chapter1
chapter2
chapter3
chapter4
chapter5
chapter6
chapter7

小説 | コメント:0 | ▲トップ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。